バイオポリリン酸は脱毛症ガイドラインには記載されていないが特許取得という新しいエビデンスが存在する

| コメント(0) | トラックバック(0)

バイオポリリン酸も、M-034と同様ここ数年で急速に知名度を挙げている育毛成分である。特に日本最大のポータルサイト「ヤフー」で一度見たら最後、この成分が配合されている「ポリピュア」という育毛剤の広告がうなるほどあなたの目にとまってくるであろう。通販専用だが、名前は知っているという薄毛の方は意外と多いのではないだろうか?

バイオという先進的な名前がついているだけを見ると相当新しい組成がある成分があるとおもいきや、その正体は酵母であるということ。それならビールにでも、納豆にも入っていそうなのだが、そこはやはり特殊な酵母だそうで原型はポリリン酸というものらしい。それを育毛用に改良したのが、バイオポリリン酸というものになるということだ。

ではどうやって髪の毛が生えるようになるかといえば、髪の毛根にある毛乳頭という組織に、発毛命令を送ることによって、成長が止まっていた髪の毛を再び成長される効果があるらしい。その命令と同時に髪の成長に必要な栄養成分も巻き込んで同時に毛乳頭に送りつけるそうだ。

発毛命令というのがいまいちピンとこなかったのだが、公式サイトには残念ながらそれ以上のことは書いていない。しかしさらに詳しく調べてみると、ポリピュアEXの効果というページにその詳細が記されており、つまりはFGFという発毛を促すタンパク質の増加を促すことのようだ。FGFは何種類もあるそうで、類似の育毛剤だと、その中の一つのFGFにしか作用しないのだが、バイオポリリン酸は4種類のFGFに作用し、発毛効果を高めているのだという。結構すごいことだと思うのに、この辺についてはもう少し公式サイトで詳しく説明されたほうがいいのではないだろうか?

次にこの成分の信憑性である。
ここまでバイオポリリン酸の効果について書いてきたが、単にメーカーだけの受け売りだったらとんでもない眉唾モノである。
成分が比較的新しいからか、男性型脱毛症ガイドラインにも記載されておらず、そもそも効果があるのか疑問が湧いてくる。が、しかし、バイオポリリン酸は他と違うれっきとしたエビデンスが存在している。それは「特許」であり、ご丁寧にも日本の特許庁での許可番号も記載されている。つまりある程度の効果は国によって実証されているといえよう。できればこれが臨床試験等によって医学的にも効果が認められているようになればさらに信憑性が高まると思う。

バイオポリリン酸は、特許を取得しているだけあって、販売されているブランドも「ポリピュアEX」という育毛剤のみに含有されている。独占成分だけあって、お値段は高そうな気がするが、ミノキシジルを配合したリアップとほぼ同等の7800円、しかも2ヶ月の使用が可能なので、実質一ヶ月4000円弱。ある程度信頼の置ける成分なのに比較的割安に試すことができるリーズナブルな成分ともいえよう。