ミノキシジルの効果と同等というM-034はその根拠が怪しい

| コメント(0) | トラックバック(0)

M-034という成分は、比較的最近に育毛に効果があると、知名度が上がっている成分である。
しかも、副作用が皆無という安心性も売りにしている。
コードネームを装った粋な名前も、他の成分名と比べてフレッシュな感じで購入希望者には新鮮な名前に映るだろう。

そんなM-034だが、以外にもその由来は「ミツイシコンブエキス」という昆布から抽出されたエキスなんだそうである。
昆布というと髪が黒くなるために食べるということは聞いたことあるが、髪が伸びるというのは初耳だった。
このエキスを塗ると、毛根上部の活性を促進することができ、結果として、髪の細胞が増殖し、髪が伸び、また健康に名あるので、抜け毛の抑制も期待できるのだそうだ。

さらに、特筆すべきことは、これがミノキシジルの髪の伸び率と同等の効果があったとする検証データが存在することだ。しかもミノキシジルのような痒みや心臓発作といった重篤な副作用もなく、安心して使える。

と、ここまではあくまでカタログスペック上の話。よりインサイドな部分に触れていけば、いくつか疑問点が存在する。

まず、このM-034は、天真堂という医薬品製造会社が開発した成分である。ただ、天真堂がみずからの名前で販売しているのではなく、様々な会社が独自のブランド名をつけて販売しているのが現状だ。

そして、先ほどのミノキシジルと同等効果と謳っているのはその中の一つ、BUBKAという育毛剤。ページをスクロールしていけば、岐阜本巣研究所というところでの、ミノキシジルとM-034との比較対照試験を見ることができる。ただ、このグラフはBUBKAのページにしか書かれていない。つまり元々のメーカー自体はミノキシジルと同等とは言っていないのである。一応グラフを見るところ、伸び率は確かに同じような軌跡を描いているのだが、どうもこれが人体実験での結果ではなく、試験管での培養結果であること。つまり実際にはげている人に塗って伸びた結果ではないらしい。ついでにいうと、この実験をおこなった岐阜本巣研究所、住所や所在をいくら調べてもでてこない、謎だ。。

また、アデノシンでも紹介した男性型脱毛症ガイドラインにはこのM-034についての結果がそもそも掲載されていない。開発されたのが比較的新しいからなのか、そもそも根拠の算出において値しない成分なのか真偽の程はわからない。

M-034は先ほどのBUBKAをはじめ、チャップアップ、イクオス、ヘアドーンなど様々なブランド名をつけて販売されている。同じ成分なのに4種類以上販売されている群雄割拠状態なのだが、中には相当強引な売り方をしているブランドがあるようだ。それがチャップアップというブランド。M-034の効果を拡大解釈して、あたかも30日で増毛できるような効果を謳っているようである。当たり前と言ったらそうだが、当然効果の見込みは薄い。しかしながら効果がなかった口コミを集めたチャップアップのまとめページもあるのでそれなりに期待してしまう人もいるにはいるのだろう。いずれにせよ、過剰な期待はどんな成分でもしないことである。。